« 2012 | Principale | 僕の初恋をキミに捧ぐ »

dicembre 06, 2009

笑う警官

角川監督作品、笑う警官を見てきました。警察組織と警察官の対決を描いたこの作品、いいですね〜、危険な香りがプンプンします。女性警察官が殺された裏に隠された真相をあばいていくという話です。プロット自体は目新しいものではないが、やはり謎を解く楽しみを味わいたいという誘惑には勝てなくて見に行きました。

この作品は角川春樹さんが監督や脚本なども手がけたとのことだが.......、私はちょっとがっかりです。だって役者さんの良さも殺しちゃってるし演出もテレビドラマ並みだもんね〜。そう、演出ね!、映画じゃなくてもいいでんすね〜。お芝居の舞台が似合っている感じ。タイムリミットが迫っている緊迫感が伝わってきませんでした。作品中には時間挿入して見ている人に時間経過の大事さを教えてるんだけどそんだけです。登場人物の焦りを描いてないからさめちゃいますよ。もちょっと各シーンの間合いを縮めて観客をあおっても良かったのではないですか?(この辺はハリウッド映画の手法を見習うべきかも)
そして先に感じた通りの役者たちの良さを殺してる部分だけど.....、セリフに重点がおかれてて表情やしぐさが今ひとつ出てきてません。彼ら、彼女たちはもっと感情を露にした演技をみることがせたのでは?と僕は思えてなりませんでした。
さて、ここで前売りチケットを取り出してみたのですが....、これは道警シリーズの第一弾映画化らしい。うまくいけば第二弾、第三弾と続いていくと思うんだけど.....、頼むから映画化の際は監督、脚本は慎重に選んでほしいと思います(笑)

|

« 2012 | Principale | 僕の初恋をキミに捧ぐ »

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55457/46949750

Di seguito i weblog con link a 笑う警官:

« 2012 | Principale | 僕の初恋をキミに捧ぐ »