« (500)日のサマー | Principale | BANDAGE バンデイジ »

gennaio 16, 2010

今度は愛妻家

今度は愛妻家を見てきました。軽い気持ちで見に行ったのですが..........内容がとても良くて名作だと思いました。ボロボロになるまで波状攻撃で攻めてくる号泣シーンにやられっぱなし。もうここでフェードアウトして終わってくれ〜と思っても、容赦なく泣かせてくれます(笑)

まずは土台(話の構成)がしっかりしている。だから各シーンにちりばめられたエピソードも自然と輝いてみえるんですよね〜。そして主要登場人物達の際立ったキャラクターと役者の一体化には目をみはるものがありました。主役を演じた豊川悦司さんはこの作品に出るために生まれてきたようなもんだと思いました(すごい過大評価ですが)。もちろん相方の薬師丸ひろこさんだって負けてはいません。駄目夫をけなげに支える妻の役を持ち味のさらりとした演技で引き立てます。そして強烈なキャラを演じた石橋蓮司さんには100万本のバラをあげたくなりました(笑)
とにかく、センチメンタルの先にある珠玉のストーリー、ぜひじっくりと映画館で味わってもらいたいです。

|

« (500)日のサマー | Principale | BANDAGE バンデイジ »

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55457/47309851

Di seguito i weblog con link a 今度は愛妻家:

« (500)日のサマー | Principale | BANDAGE バンデイジ »