« サヨナライツカ | Principale | シャーロック・ホームズ »

marzo 14, 2010

ハート・ロッカー

アカデミー最優秀作品賞に輝いたハート・ロッカーを見てきました。戦場を舞台を題材にした映画は数あれど、これほど病的に戦争の悲惨さを描いた作品もめずらしかった。胃が痛くなってきましたよ。(以下でタバレあります)

娯楽映画ではよく見かける爆発シーンですが、この映画は序盤シーンで爆発による破壊力の怖さをリアリティーに迫った映像で伝えてきたのにビビりました。その後の長時間に渡る対峙での射撃戦なんかも派手な銃撃アクションでを見せられるよりすごい緊迫感があって見ているこっちまで息をひそめてしまうほどの演出。本作品にはあまりにもはまりすぎた見せ方ですね。戦場に引きずり込ませようとするかのような作品の意思の怖さを感じました。
戦争の怖さを伝えようとする場面はこれだけでは終わりません。死んだ少年から爆弾を取り除くシーンも、週終盤での時限タイマー付き爆弾を解除するシーンも、どこをとっても心臓バクバク状態でした。そんなシーンばかりで逃げたしたくなりましたよ。だから主人公が自分の子供と接するシーンを見た時はほっとしたものですが、ラストでは戦場に戻るということで幕切れ。本当に嫌な後味を残してくれました。なんでこんな作品がアカデミー賞最優秀なんだ?と思ってしまいました。

|

« サヨナライツカ | Principale | シャーロック・ホームズ »

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55457/47809261

Di seguito i weblog con link a ハート・ロッカー:

» ハート・ロッカー [風に吹かれて]
War is drugなぜ 再び戦場へ行く公式サイト http://www.hurtlocker.jp監督: キャスリン・ビグロー 「ハートブルー」「K-19」原題“The Hurt Locker”の [Continua a leggere]

Registrato in data marzo 16, 2010 a 05:46 p.

« サヨナライツカ | Principale | シャーロック・ホームズ »